第357回:【科学的な適職・幸福】やりたいことの見つけ方がわからない(仕事・恋愛・人生)人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

コミュニケーションに関する記事一覧 コラム講座リスト ビジネスに関する記事一覧 恋活・婚活に関する記事一覧

やりたいことがわからない人「将来、恋愛・ビジネス・人生をよくしていきたいと思っていますが、【人生でやりたいことの見つけ方】がわからず、どうしたらよいかわかりません。具体的な方法を教えてください。」

こういった疑問に答えます。

テーマ

【科学的な適職・幸福】やりたいことの見つけ方がわからない(仕事・恋愛・人生)人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

について伝えていきます。

内容の信頼性

東京青山でモテる稼ぐことのできる【ダントツなコミュニケーションスクール】を11年運営しており、96%の満足度をいただいております。

»参考:青山聖のプロフィール実績・紹介

みなさんへの前置きメッセージ

今回は「将来、恋愛・ビジネス・人生をよくしていきたいと思っていますが、【人生でやりたいことの見つけ方】がわからず、どうしたらよいかわかりません。具体的な方法を教えてください。」という方に向けて伝えています。

こちらを知ることで、「人生でやりたいことの見つけ方」を知り、今後の具体的な方向性までをイメージできます。

本当に恋愛・ビジネス・人生で行き詰まり、悩んでいたときに私を救ってくれたのがこのダントツ・コミュニケーション学です。

この学問に感謝の気持ちを込めつつ、内容を伝えていきます。それでは、さっそくはじめていきましょう。

■結論

結論としては、【人生でやりたいことの見つけ方】は、「好きなことをやらない」です。

■理由


ミシガン州立大学の研究などでも【人生でやりたいことの見つけ方】について明らかになるヒントがあるからです。

今回は『科学的な適職(鈴木祐著)』の書籍の抜粋を含めて、その辺りをより具体的に話をし、恋愛・ビジネス・人生ですぐに活用できる実行案を伝えていきます。

■具体例


具体例として、最初に【人生でやりたいことの見つけ方】を1つお伝えします。

それは、

「好きなことを仕事にしよう」
「安定した業種を選ぼう」
「フリーランスこそ至高の働き方だ」
「スキルアップできる会社に入ろう」
「自分だけの強みを生かそう」

これは実は、良いとは言われていません。。。

正いのは、【こだわらない】ということです。
そして、【仕事はいずれ好きになるだろう】と考えることです。

理由は、幸福度が上がる仕事は、「好きな仕事」より「いずれ成長する仕事」で、

2015年、ミシガン州立大学が 「好きなことを仕事にするのが幸せという(適合派)」 と「仕事は続けるうちに好きになるものという(成長派)」 を比べると、「好きなことを仕事にするのが幸せという(適合派)」 の幸福度が高いのは、

最初だけで、1〜5年の長いスパンで見た場合、両者の幸福度・年収・キャリアなどのレベルは成長派のほうが高かったからです。

研究チームは、 「適合派は自分が情熱を持てる職を探すのがうまいが、 実際にはどんな仕事も好きになれない面がある」 と言います。

いかに好きな仕事だろうが、現実には、経費の精算や対人トラブルといった大量の面倒が起きるのは当然のことです。

ここで 「好きな仕事」 を求める気持ちが強いと、そのぶんだけ現実の仕事に対するギャップを感じやすくなり、適合派のなかには 「いまの仕事を本当に好きなのだろうか?」 といった疑念が生まれます。

その結果、最終的な幸福度が下がるわけです。

一方で成長派は、仕事への思い入れがないぶんだけトラブルに強い傾向があります。

もともと仕事に大した期待を持たないため、小さなトラブルが起きても 「仕事とはこんなものだ」 と思うことができるからです。

たとえば、私の例でも仕事をお金で割り切っていたときには、非常に稼げましたし、恋愛に関してもこだわりがない方が、うまくいきました。

後半は、【人生でやりたいことの見つけ方】の残り4つについてフカボリ・実行方法・裏技を伝えていきます。

ただここからのより詳しい情報や実行方法を知りたい方は、今後、動画をアップしましたら、お伝えしますので是非ご覧ください。

実践活動

ここまでで、どうすればよいかわかったあなたには実践活動を伝えていきます。それは…。「あなたの魅力を上げる」ことです。これは、次でできます。

何をやっても上手くいかなくても結果が出る3大メソッド恋愛×ビジネスコミュニケーション講座を公開中!

恋愛×ビジネスコミュニケーション講座3つの無料動画セミナーを下記からご覧ください

無料講座ご登録フォーム

*メールアドレスの入力→即動画講座開始!